屋根工事

葺き替え

お住まいの立地環境や屋根補修の頻度、前回施工した職人の腕にもよりますが、一般的に各屋根材の寿命は下記の年数だと言われています。
葺き替え工事は、下地部分から取り替える工事なので、築年数が長くても、新築同様の耐久性を復活させることが可能。
葺き替えかカバー工法かでお悩みの際、築年数の長い場合は葺き替え工事をオススメしています。
住まいの寿命を延ばすだけでなく、耐震性・耐久性も向上。屋根工事の中では値段が張りますが、何度も劣化部分を補修するよりも長い目で見ればお得な場合もございます。
お悩みの際は、お気軽に当社までご相談ください。

▼各屋根材の寿命年数
・瓦屋根:50年程度
・スレート屋根:20~25年
・板金屋根:15~20年
・銅板屋根:30年程度

板金工事

屋根と屋根の接合部をカバーし、雨水の浸入を防ぐ役割を担う板金。
突風で浮いたり、剥がれたりしやすく、台風後などは特に注意が必要です。
とはいっても、自分では確かめにくい場所なので築年数が長かったり、大きな台風が来た際は点検依頼を検討しましょう。
最近では強力に固定でき、劣化しにくい製品が出ていますので、お住まいの状況に合わせてご提案いたします。

雨樋工事

雨樋の寿命は、一般的に10~15年と言われています。
雨樋の機能が正常に果たされなくなると、外壁や家の土台部分が直接雨水にさらされ、雨漏りやカビの発生につながります。
大きなトラブルになる前に、点検・修繕を行いましょう。

一覧ページに戻る